訪問スタッフ

訪問看護ステーション梟は利用者様の希望や意志に沿った援助をするために、利用者様1人1人に合った訪問をさせていただきたいと

思っております。利用者様と看護師が話し合ったうえで訪問時間・回数などを決めさせていただきます。

共通の目的を持ったうえでの訪問・生活の支援をさせていただくためにスタッフ一同努めさせていただきますので

困ったときはご連絡いただければ嬉しいです。よろしくお願いします。

看護師、井上

看護師:井上明治

コメント:訪問看護ステーション梟は大阪府枚方市にある事業所ですが訪問エリアは幅広く京都全域まで訪問をしている事業所です。皆さんそんな遠くから来てもらえるのですか?とよく尋ねて来られますが、来てもらいたいという希望があれば前向きに考える事業所です。訪問看護とはどのようなことをしてもらえるのだろう?とあまりよくわからない方が大半です。実際どのようなものかは本当に受けてもらわないとよくわからないと思いますが、一番伝えたいことは入院をせず自分の家で自分らしく日常生活に支障を来さないようにしてもらいたいのが一番です。また、1日1日を楽しく過ごそせるようにサポートするのが私達訪問看護師の役割だと思っています。よく、勘違いをされるのが病院の監視係のように思われる方が多いですが決してそうではありません。私達、梟のスタッフは利用される皆様の味方です。早期に発見し入院をしないように対処、対応する事が役割です。あまり固く考えずに相談相手、時には冗談の言える関係で大切な時間を送ってもらいたいのです。また、家族の方も家族だけで解決するのではなく第三者が介入し少しでも肩の荷をおろしてもらいたいのです。私達は看護師ではありますがその前に1人の人間です。人間対人間が一番大切だと思います。人として十分な関わりができずに看護はできません。私達は利用してもらう以上全力で関わらせてもらいます。是非とも興味のある方は一度ご連絡をいただければご相談に応じます。一緒に頑張っていきましょう。看護師は精神面、身体面は必ずチェックをしますがそれ以外にも色々な事を手伝います。色々事とは個々全て違います。自分の持っている良さを十分に発揮してもらい長所を伸ばしていきましょう。どのようなことでも構いません。ご連絡下さい、よろしくお願いします。

看護師、西川

看護師:けんぼう

コメント:訪問看護師の西川健一です。訪問看護ステーション梟、発足当初からいるスタッフですが、最初は右も左もわからず訪問看護師ってなんだろうと自分自身も悩みに悩んで、色々な壁に当たりながらも日々利用者さんに勉強させてもらいながら、ここまで来ました。色々な利用者さんがおられますが、1人1人必要なことは違い今でも悩むことはたくさんありますが、利用者様が辛い入院生活をしないようなお手伝いを一緒に考えていくことが大切なことだと考えています。まだまだ若輩者で至らないこともたくさんありますが、頑張って成長していきたいと思っています。簡単には諦めないことがモットーだと自分では思っています。よろしくお願い致します。

看護師、長谷川

看護師:大ちゃん

コメント:訪問看護では、一人一人違う、様々な生活の困りごとを支援させていただきたいと思っています。病院の中とは違い地域で長く生活を送っていくには、体調面や精神面だけではなく、一人一人の長所を見出していく事も大切な事だと思っています。でも、そんなに難しく考えるのではなく、自分にとっての「好きな事」「落ち着く事」「夢や希望」なんて言った自分に力を与えてくれるものを更に伸ばして貰える力添えも出来れば嬉しいとおもっています。堅苦しい訪問看護ではなく、前を向きながら笑い合いながら一緒に進んでいける。そんな訪問看護をさせて貰えればと思っています。お会い出来る日が来ましたら、よろしくお願いします。


看護師、隈元

看護師:くまモン

コメント:はじめまして。隈元です。出身は鹿児島県にある、奄美大島です。訪問看護は利用者様の御自宅へ看護師が伺い、身体や心、日常生活の悩み等、生活の相談にのり療養生活を支援することです。利用者様が自分らしい生活を送れるように看護ケアの提供や、サポートを行っています。利用者様の中には、こんなこと聞いてごめんなさい。と言われる方もおられますが、どんな些細な事でも話をしてもらい、その事に全力で対応するように心がけています。私の現在関わらせて頂いてる利用者様とは、バイタル測定、入浴介助、服薬確認、状態確認など、一般的な訪問看護で行う事だけではなく、趣味を一緒に行うことが多いです。プラモデルやフィギアの鑑賞。映画鑑賞。カラオケ。読書。音楽やラジオ、宗教の説法を聞く。インターネットで色々な事を検索する。簡単な節約料理を一緒に考える。様々な占いを行う。このように利用者様が関心を持っている事を一緒に行い、利用者様が少しでも楽しく笑顔になれる時間を、提供出来ればと思っています。利用者様の中には、私が帰る時に、「行ってらっしゃい」と、言われる方がおり、私も「行ってきます」と、答えるようにしています。何時までも利用者様が安心して日常生活を送れるように、これからも全力で支援していこうと思います。

 

看護師、宇渡

看護師:えっちゃん

コメント:訪問看護師の宇渡悦子です。

縁あって、訪問看護ステーション梟に入職して2年目に突入しました。最初は京都の道が全く分からず、利用者さんの家にたどり着けない事もあったりしましたが、今は少し道もわかり余裕が持てるようになりました。今までの職場と違い女性看護師が自分しかいないので少し心細いですが、女性から見た視点というものを大切に利用者さんと向き合い、共に考え、安心して在宅で生活が出来るような支援ができればと考えています。まだまだ未熟ですが、たくましい梟のスタッフとともに協力しながら、利用者さんに寄りそっていきたいと思います。よろしくお願いします。

看護師 鳴尾千晶

はじめまして。兵庫県出身の鳴尾千晶です。看護師資格を取得してから、長い間病院で仕事をしており、今回素敵な御縁に恵まれ、訪問看護ステーション梟に入職することとなりました。訪問看護では、利用者様が住み慣れた家で生活していくのに、必要なお手伝いが出来ればと思っています。それぞれに困っている事は違いますので、その時その場面に応じた支援を行い、安心して落ち着いて住み慣れた家で長く生活できたらと思います。訪問場面で、絶対これをしないといけないという事は無いと思っています。その日の体調や気持ちに合わせて、利用者様が心地良い時間を過ごせるよう支援して行こうと思っています。至らない事も沢山ありますが、末長く宜しくお願い致します。